歯周病はほっておくと深刻な状況になります。ただちに歯科に行って診察してもらう事が大事です。

歯磨きの工夫 歯周病と診断されて始めたこと
歯磨きの工夫 歯周病と診断されて始めたこと

歯周病の病状がでたら歯科に

まず初めに歯周病は現代病とも言えるほど増えてきています。
歯の病気と言えばむし歯が主流だったのですが匹敵するぐらいに歯周病が問題になっているのです。
適切な治療を受けないとむし歯と同じように病状が悪化するばかりです。
最悪歯が抜け落ちる事も考えられます。
また早期発見が治療にとって良いのですので歯に少しでも違和感があればしっかり観察する必要があるのです。
間違ってもほっておくなんて事はしないようにしてください。少しの判断ミスが後々響いてきます。


さて、歯周病の疑いがあるとすぐに治療しなければならない事はご理解いただいたと思います。
そこで主な症状についてお話します。
この病気はあまり自覚症状が少ないのが問題なのですがよく見られる症状には歯磨きをした後に血がでるといったものです。

しかし、歯磨きをした後に血がでるのは他の要因でも起こりますので判断が難しいのです。
ただ強く磨いてもないのに出血したりしたらなにかしらの病気の可能性もあるので注意して観察する必要があります。
出血が歯磨きするたびにでるようになればただちに歯科に診察してもらう事を心がけてほしいです。
この段階では何が原因が分かりませんが、仮に病気であっても早期発見につながります。
歯の病気はむし歯もそうですが早く見つけて治療する事が一番治療しやすいのです。
もう1つの症状で歯がぐらぐらするというものがありますが、こうなるとかなり進行しているので即治療となるのですがこうなる前に少しの異変がありましたらそのたびに歯科で見てもらう方が良いです。

おすすめサイト一覧